若ハゲ対策なら、AGAクリニックへ行こう!

■若はげの改善のためのAGAクリニックの受診のすすめ

20代中盤から後半くらいには珍しくなくなってくる若ハゲ。このような若ハゲは薄毛になり始めた時点で適切な対応をとればすぐに髪は元通りになりますが、適切な対応をせずに放ったらかし、もしくは間違った対応を取るとあっという間に禿げあがってしまうことになります。

一度ハゲになると、そこに髪の毛をもう一度生やすためには何倍もの努力が必要になります。ここでは若はげの原因を学び、若はげになった場合にはどのような対策を取るべきかについて考えていきましょう。

■若ハゲの原因について

若ハゲの症状を改善するためにはまずその原因を知るところから始める必要があります。まず、若ハゲの場合には栄養の偏り、睡眠不足、ストレスの蓄積など心と身体の不調が髪の毛に影響している可能性があります。

仕事などが忙しくて、食生活や睡眠に乱れが発生している場合もあります。このような場合は食生活を整えて生活習慣を規則正しくすることで自然に若ハゲの症状が改善していくことになります。

これで一件落着としたいところですが、実はこのような原因で起こる若ハゲは若ハゲ全体の10パーセント以下の比率でしかありません。若ハゲの原因の90%以上を占めているのは男性ホルモンが原因となるAGAというものになります。

このAGAという症状は男性ホルモンの働きの活発化によって発生します。男性ホルモンの働きは30代、40代でピークになるため、そのころからAGAの薄毛症状に悩み始める人が多いのですが、20代でもAGAによる薄毛が発生する場合があります。

このような場合にはいくら食生活や睡眠習慣の改善、ストレス解消などに精を出しても芳しい効果を上げることはできません。

■若ハゲの対策

このようなAGAの症状を改善するためには、育毛シャンプー、育毛サプリメント、育毛剤などを総動員して対策していく必要があります。

まず、育毛シャンプーを使うことにより、頭皮環境を改善し、育毛剤の成分や髪の毛に栄養分がしっかり届くような土壌をつくっていきます。

そして、育毛サプリメントを使うことにより、髪の毛に必要な栄養分を不足なく供給していきます。

そして、最後は育毛剤です。

「ミノキシジル」、「M-034」、「キャピキシル」など育毛の世界で実績豊富な育毛成分が含まれている育毛剤の中で自分に合っているものをチョイスしてそれを使用して育毛対策を行っていくという流れになります。

■若ハゲの症状がひどくなる前にAGAクリニックの受診を

しかし、上記で挙げたような薄毛対策を一人で行うのは大変です。また、自分の若ハゲの原因が食生活や生活習慣に起因するものであった場合には育毛剤などを使った対策を行うことは不必要な対策をしていることにつながります。そのため、まず最初に自分の若ハゲの原因をしっかりと分析してもらう必要があります。原因をはっきりさせないことには若ハゲの症状を改善させることもできません。

このような若ハゲの原因を分析してもらうためにはAGAクリニックを受診することが推奨されます。AGAクリニックを受診することによって、原因の切り分けが出来ます。

そして、もしAGAと診断された場合にはその後AGAクリニックで治療に励んでいくことをおすすめします。

AGAについては上記のような方法で自分で対策する方法もありますが、圧倒的に効果が高いのはAGAクリニックを受診する方法になります。なぜなら、AGAクリニックでしか処方が許可されていない男性ホルモンの働きを抑える薬など非常に効果的なAGA対策薬を使うことが可能になるためです。

若ハゲを改善する第一歩として、まずAGAクリニックを受診しましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000