若ハゲ対策ってどうすればいいの?

早い人では10代の後半から、そして基本的には20代くらいから進んでいく薄毛の症状を通常若はげと呼んでいます。

この若ハゲは基本的に男性ホルモンの働きが活発化した事によって発生していると考えられています。

このような男性ホルモンの働きによって発生する薄毛症状の事をAGAと呼んでいます。

AGAは男性型脱毛症と呼ばれており、薄毛に悩む男性の約90パーセントはAGAの症状によって薄毛になっていると言われています。

また、食生活の改善や育毛サプリの摂取だけではAGAを治す事は出来ません。

AGAはしっかりとAGA対策効果のある育毛剤を選択しないと、その薄毛は治まる事がなくどんどん進行していくという恐ろしい症状になります。

このようなAGAに市販の育毛剤は効果があるのでしょうか。

例えば、リアップという育毛剤を例に挙げましょう。

このリアップについてはテレビでCMを行っているという事もあり有名な育毛剤になります。

名前を聞いた事があるという人も多いのではないでしょうか。

このリアップも非常に優れた育毛実績を残している育毛剤になります。

そして、このリアップに配合されている育毛剤の中で目玉ともいえる育毛成分がミノキシジルと言う成分になります。

上記で述べたリアップに配合されているミノキシジルという成分ですが、AGA専門のクリニックでも使われているほどの薬で非常に育毛実績には定評があるものになります。

ミノキシジルという薬にはタブレットタイプのミノキシジルタブレットというものと、液体タイプで直接頭皮に塗布して使用するリキッドタイプのミノキシジルの2つが存在します。

効果が高いとされているのはタブレットタイプのミノキシジルになりますが、このタイプはその効果とともに副作用の存在も報告されています。

そのため、ミノキシジルタブレットについてはAGA専門のクリニックを受診して医師の処方箋のもとに処方を受ける形になっています。

そのため、市販で購入できるのはリキッドタイプのミノキシジルのみになりますが、こちらも十分AGAには効果的な育毛剤として知られています。

もともとは高血圧の治療薬として開発されたミノキシジルですが、投与した高血圧の患者の体毛が濃くなるという症状が現れている事が判明し、その結果育毛剤に転用されたものになります。

このミノキシジルという成分を配合した育毛剤を使い始めた当初は初期脱毛と呼ばれる脱毛が増える時期が訪れます。

しかし、この初期脱毛の時期を乗り越えると、髪の毛が増えている事を実感できるはずです。

上記で述べたようにミノキシジルというのはAGAが原因となっている薄毛の症状には非常に効果を発揮する優れた育毛成分になります。

ただ、このミノキシジルには色々な欠点があります。

例えば、上記で少し書いた副作用の存在です。

ミノキシジルはもともと高血圧の薬を育毛剤に転用してるため、血圧が低下するという副作用はあります。

また、それに加えて、頭痛、めまい、心拍数の増加、頭皮のかゆみ・腫れなどの頭皮トラブルといったような副作用が発生する可能性があります。

リアップのようなリキッドタイプのミノキシジルであれば、ミノキシジルタブレットと比較すると、そのような副作用への心配は少なくなります。

しかし、それでも頭皮が赤くなった、頭皮にかゆみがでた、頭皮が痛むといったような副作用は良く報告されているものになります。

ただ、ミノキシジルの育毛実績には大変優れたものがあったため、このような副作用があっても使われ続けてきました。

ところが、近年このミノキシジル以上の育毛効果を持ちながら、副作用が存在しないという育毛成分が現れました。

それが「キャピシル」です。

このキャピシル、原料はアカツメクサという自然の植物でそのため副作用はほとんど報告されていません。

また、このキャピシルについてはミノキシジルとの比較実験でミノキシジルの3倍の育毛効果を示したというデータがあります。

少なくとも副作用がなく、ミノキシジルに勝るとも劣らない育毛効果が期待出来るのがこのキャピシルになります。

これから育毛剤を試すのであれば、キャピシル配合のものを用いてみてはいかがでしょうか。

0コメント

  • 1000 / 1000