男性が薄毛になる原因とその対策法は?

男性が薄毛になる場合の原因として代表的な原因がAGAになります。

このAGAというのは男性型脱毛症と呼ばれており、男性にだけ発生する症状になります。

このAGAの症状は男性ホルモンの働きが必要以上に活発化した事で、男性ホルモンがジヒドロテストステロンという物質に変化してしまう事から始まります。

そして、このジヒドロテストステロンが髪の毛を作る上で重要な役割を果たしている毛乳頭細胞と結合してしまう事で、髪の毛を作る細胞の細胞分裂が著しく妨げられる事になります。

結果として、健康な髪の毛と比較すると細い細毛と呼ばれる髪の毛が増えてきて、この髪の毛がすぐに抜けてしまう事で抜け毛が増え、結果として薄毛が進行していきます。

しかし、このAGAという症状の特徴としては男性ホルモンが原因となって発生する症状になるので、基本的には男性ホルモンが多く含まれている前頭部の額の横の部分が剃り込みのように薄毛になっていくm字ハゲという症状を引き起こすケースが多くなります。

もしくは、まれに頭頂部からのハゲが発生するケースも考えられます。

しかし、このような全体的に抜け毛が発生するというケースはAGAでは考えにくくなります。

そのため、生活習慣やストレスなどを原因とした抜け毛を疑う事になります。

抜け毛が全体的に発生した場合には生活習慣やストレスの存在を疑う事になります。

特に食生活に偏りがある、夜遅くまで起きている、喫煙の習慣があるなどというのは抜け毛を引き起こす可能性が高い生活習慣になります。

そして、これに加えて仕事などで過度なストレスを抱えている場合にも抜け毛の症状が起きる事とがあります。

それがひどくなると円形脱毛症などという脱毛につながる事もなります。

いずれにしてもこのような生活スタイル全般が問題になっている場合には、生活習慣を見直していく必要があります。

まず、食生活の中にわかめなどの海藻類を積極的に取り入れるようにしましょう。

このような海藻類は非常に髪の毛にいい影響があると言われています。

また、大豆製品を食べるのも効果的です。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするため、男性ホルモンの働きを抑える効果があります。

AGAの予防にも効果があります。

また、夜更かしをするなどの不規則な生活は抜け毛を増やし、ストレスのもとになる可能性もあります。

なるべく、規則正しい生活を心がけましょう。

そして、喫煙は髪の毛にとっては最悪と言っていいほど悪い影響を与えます。

抜け毛を改善するなら、すぐにでも禁煙するようにしましょう。

しかし、このような生活習慣の見直しを行っても効果が無かった場合にはまれなケースですが、頭頂部からのてっぺんハゲを引き起こすAGAと前頭部からのm字型ハゲを引き起こすAGAが同時に生じているという可能性もあります。

このような場合には一刻も早く治療する事が必要です。

このAGAは複合型であるため、普通のAGAよりも激しく薄毛の症状が進行していく可能性があります。

この場合にも普通のAGAと同様に育毛剤を使って治療する事になります。

しかし、このようなケースは特殊なケースになるので、一度育毛専門クリニックを受診して診断を仰ぐ事をお勧めします。

ただ、このような場合であっても育毛剤が効果を発揮するのは変わりありません。

基本的には育毛専門クリニックを受診して、ミノキシジルタブレットやフィナステリドを処方してもらう事になります。

このような育毛効果の高い育毛剤を服用していれば程度にもよりますが、大体半年~1年程度でこのようなAGAの症状は改善する事になります。

自分で生活習慣を改善するなどの試みを行って効果が無ければ一刻も早く育毛専門クリニックを受診するというのが良いでしょう。

薄毛に一番効果を発揮するのは一般的には育毛剤を使用する事であると覚えておきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000