育毛専門クリニックへ行ってみよう

育毛専門クリニックでも処方される育毛剤にもふくまれている育毛成分であり、非常に育毛効果が高いとされている育毛成分の一つにミノキシジルというものがあります。このミノキシジルはもともと高血圧患者のための血圧を下げる薬であったのですが、投与された患者に体毛が濃くなるという副作用が現れたため、育毛剤として転用されたものになります。ミノキシジルが含まれている市販の育毛剤の代表例としては大正製薬から発売されている「リアップ」というものがあります。このリアップについてはテレビCMなども行われており、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。日本で使われている市販の育毛剤でミノキシジルが含まれている育毛剤はこのリアップのみになります。ただ、日本以外の国でもミノキシジルが含まれている育毛剤もあります。それがコンタクトレンズなどで有名なアメリカのジョンソンエンドジョンソン社が開発している「ロゲイン」という育毛剤になります。このロゲインに関しては基本的にミノキシジルの働きで薄毛を改善していくという点ではリアップと変わりませんが、配合されているミノキシジルの量がリアップよりも相対的に多いということが特徴になります。理論的にはミノキシジルの配合量が多いロゲインの方がより効果的であるということもできます。そのため、このロゲインを輸入して使っているというケースも多く見られます。では、これらの市販されているミノキシジル配合の育毛剤と育毛専門クリニックで処方されるミノキシジル配合の育毛剤はどう違うのでしょうか。実はこのリアップもロゲインもミノキシジルを配合した液体タイプの育毛剤となっており、リキッドタイプの育毛剤と呼ばれています。しかし、育毛クリニックではこのリキッドタイプもさることながら、タブレットタイプ、いわゆる錠剤のタイプでのミノキシジルも処方することができます。そして、実際に育毛効果についてはこのタブレットタイプのものの方が優れていると言われています。そのため、市販のミノキシジル配合の育毛剤でも効果が出ないという場合には育毛専門クリニックでミノキシジルタブレットを処方してもらうのが育毛への最短の道であるという可能性も否めません。ただ、ミノキシジルについては副作用も報告されています。そして、このミノキシジルの副作用についてはリキッドタイプより、タブレットタイプの方が重くなるケースがほとんどです。そのため、ミノキシジルタブレットについては効果も高い分、副作用の可能性も高い、いわば諸刃の剣であるという認識をもって使うようにするのがよいでしょう。

ハゲの巨塔

育毛についての体験記をまとめたブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000