miyabi01081984

記事一覧(13)

30代の私がブラックポムトンを選んだ3つの理由

1.ブラックポムトンは美容先進国タイ生まれの製品ブラックポムトンという商品はテレビでタレントのはるな愛さんが紹介して一部で評価が高まっているタイが生んだ育毛剤です。実はタイは医療先進国ですでに医療のレベルは日本や欧州にも引けを取らないだけの水準にあります。特に美容の分野では日本より進んだ美容先進国です。タイのニューハーフの美しさを見ても分かるように美容の分野にはかなり力を入れています。しかし、ニューハーフ達も元男性であるため、日本の普通の男性と同様に脱毛の悩みを抱えています。しかも心が女性のニューハーフだけあって男性に比べて脱毛に対しての悩みはもっと深いものがあります。そのようなニューハーフの切実な悩みにこたえるために開発された商品がブラックポムトンです。美容先進国のタイの商品だけあって日本の商品を超える効果を持つと期待した事も購入の理由になります。2.ブラックポムトンは天然成分を効果的に配合アロマオイルとしても使用され、頭皮部分の毛根の血流を良くする事に効果がある「ナツメグオイル」、頭皮部分の毛根への栄養流入や髪の保湿を進める面で効果を持つ「ココナッツオイル」、毒素排出効果を持ち、同時に体温の上昇効果を持つ「セサミオイル」などの多数のハーブを組み合わせた天然成分で作られた育毛剤になります。天然成分を使って健康的に脱毛の対策が出来ると考えた事も購入の1つの理由です。3.ブラックポムトンは副作用無し効果の高い育毛剤には副作用が多く報告されています。例えば、ミノキシジルという薬品はもともとは高血圧のための血管拡張剤として使用されていた薬をたまたま発毛効果があったという事で育毛剤として使っているものになります。そのため、発毛を促進する効果があると同時に血圧を下げる副作用があります。これによりだるさや眠気を感じたりする場合もあります。また、肝臓に病気がある人はその症状が重くなる可能性もあります。しかし、ブラックポムトンはそれ自身が天然成分をもとにつくられているため、副作用は少ないとされています。この副作用が少ないというのもブラックポムトンを選んだ理由になります。

若ハゲ対策なら、AGAクリニックへ行こう!

■若はげの改善のためのAGAクリニックの受診のすすめ20代中盤から後半くらいには珍しくなくなってくる若ハゲ。このような若ハゲは薄毛になり始めた時点で適切な対応をとればすぐに髪は元通りになりますが、適切な対応をせずに放ったらかし、もしくは間違った対応を取るとあっという間に禿げあがってしまうことになります。一度ハゲになると、そこに髪の毛をもう一度生やすためには何倍もの努力が必要になります。ここでは若はげの原因を学び、若はげになった場合にはどのような対策を取るべきかについて考えていきましょう。■若ハゲの原因について若ハゲの症状を改善するためにはまずその原因を知るところから始める必要があります。まず、若ハゲの場合には栄養の偏り、睡眠不足、ストレスの蓄積など心と身体の不調が髪の毛に影響している可能性があります。仕事などが忙しくて、食生活や睡眠に乱れが発生している場合もあります。このような場合は食生活を整えて生活習慣を規則正しくすることで自然に若ハゲの症状が改善していくことになります。これで一件落着としたいところですが、実はこのような原因で起こる若ハゲは若ハゲ全体の10パーセント以下の比率でしかありません。若ハゲの原因の90%以上を占めているのは男性ホルモンが原因となるAGAというものになります。このAGAという症状は男性ホルモンの働きの活発化によって発生します。男性ホルモンの働きは30代、40代でピークになるため、そのころからAGAの薄毛症状に悩み始める人が多いのですが、20代でもAGAによる薄毛が発生する場合があります。このような場合にはいくら食生活や睡眠習慣の改善、ストレス解消などに精を出しても芳しい効果を上げることはできません。■若ハゲの対策このようなAGAの症状を改善するためには、育毛シャンプー、育毛サプリメント、育毛剤などを総動員して対策していく必要があります。まず、育毛シャンプーを使うことにより、頭皮環境を改善し、育毛剤の成分や髪の毛に栄養分がしっかり届くような土壌をつくっていきます。そして、育毛サプリメントを使うことにより、髪の毛に必要な栄養分を不足なく供給していきます。そして、最後は育毛剤です。「ミノキシジル」、「M-034」、「キャピキシル」など育毛の世界で実績豊富な育毛成分が含まれている育毛剤の中で自分に合っているものをチョイスしてそれを使用して育毛対策を行っていくという流れになります。■若ハゲの症状がひどくなる前にAGAクリニックの受診をしかし、上記で挙げたような薄毛対策を一人で行うのは大変です。また、自分の若ハゲの原因が食生活や生活習慣に起因するものであった場合には育毛剤などを使った対策を行うことは不必要な対策をしていることにつながります。そのため、まず最初に自分の若ハゲの原因をしっかりと分析してもらう必要があります。原因をはっきりさせないことには若ハゲの症状を改善させることもできません。このような若ハゲの原因を分析してもらうためにはAGAクリニックを受診することが推奨されます。AGAクリニックを受診することによって、原因の切り分けが出来ます。そして、もしAGAと診断された場合にはその後AGAクリニックで治療に励んでいくことをおすすめします。AGAについては上記のような方法で自分で対策する方法もありますが、圧倒的に効果が高いのはAGAクリニックを受診する方法になります。なぜなら、AGAクリニックでしか処方が許可されていない男性ホルモンの働きを抑える薬など非常に効果的なAGA対策薬を使うことが可能になるためです。若ハゲを改善する第一歩として、まずAGAクリニックを受診しましょう。

若ハゲ対策ってどうすればいいの?

早い人では10代の後半から、そして基本的には20代くらいから進んでいく薄毛の症状を通常若はげと呼んでいます。この若ハゲは基本的に男性ホルモンの働きが活発化した事によって発生していると考えられています。このような男性ホルモンの働きによって発生する薄毛症状の事をAGAと呼んでいます。AGAは男性型脱毛症と呼ばれており、薄毛に悩む男性の約90パーセントはAGAの症状によって薄毛になっていると言われています。また、食生活の改善や育毛サプリの摂取だけではAGAを治す事は出来ません。AGAはしっかりとAGA対策効果のある育毛剤を選択しないと、その薄毛は治まる事がなくどんどん進行していくという恐ろしい症状になります。このようなAGAに市販の育毛剤は効果があるのでしょうか。例えば、リアップという育毛剤を例に挙げましょう。このリアップについてはテレビでCMを行っているという事もあり有名な育毛剤になります。名前を聞いた事があるという人も多いのではないでしょうか。このリアップも非常に優れた育毛実績を残している育毛剤になります。そして、このリアップに配合されている育毛剤の中で目玉ともいえる育毛成分がミノキシジルと言う成分になります。上記で述べたリアップに配合されているミノキシジルという成分ですが、AGA専門のクリニックでも使われているほどの薬で非常に育毛実績には定評があるものになります。ミノキシジルという薬にはタブレットタイプのミノキシジルタブレットというものと、液体タイプで直接頭皮に塗布して使用するリキッドタイプのミノキシジルの2つが存在します。効果が高いとされているのはタブレットタイプのミノキシジルになりますが、このタイプはその効果とともに副作用の存在も報告されています。そのため、ミノキシジルタブレットについてはAGA専門のクリニックを受診して医師の処方箋のもとに処方を受ける形になっています。そのため、市販で購入できるのはリキッドタイプのミノキシジルのみになりますが、こちらも十分AGAには効果的な育毛剤として知られています。もともとは高血圧の治療薬として開発されたミノキシジルですが、投与した高血圧の患者の体毛が濃くなるという症状が現れている事が判明し、その結果育毛剤に転用されたものになります。このミノキシジルという成分を配合した育毛剤を使い始めた当初は初期脱毛と呼ばれる脱毛が増える時期が訪れます。しかし、この初期脱毛の時期を乗り越えると、髪の毛が増えている事を実感できるはずです。上記で述べたようにミノキシジルというのはAGAが原因となっている薄毛の症状には非常に効果を発揮する優れた育毛成分になります。ただ、このミノキシジルには色々な欠点があります。例えば、上記で少し書いた副作用の存在です。ミノキシジルはもともと高血圧の薬を育毛剤に転用してるため、血圧が低下するという副作用はあります。また、それに加えて、頭痛、めまい、心拍数の増加、頭皮のかゆみ・腫れなどの頭皮トラブルといったような副作用が発生する可能性があります。リアップのようなリキッドタイプのミノキシジルであれば、ミノキシジルタブレットと比較すると、そのような副作用への心配は少なくなります。しかし、それでも頭皮が赤くなった、頭皮にかゆみがでた、頭皮が痛むといったような副作用は良く報告されているものになります。ただ、ミノキシジルの育毛実績には大変優れたものがあったため、このような副作用があっても使われ続けてきました。ところが、近年このミノキシジル以上の育毛効果を持ちながら、副作用が存在しないという育毛成分が現れました。それが「キャピシル」です。このキャピシル、原料はアカツメクサという自然の植物でそのため副作用はほとんど報告されていません。また、このキャピシルについてはミノキシジルとの比較実験でミノキシジルの3倍の育毛効果を示したというデータがあります。少なくとも副作用がなく、ミノキシジルに勝るとも劣らない育毛効果が期待出来るのがこのキャピシルになります。これから育毛剤を試すのであれば、キャピシル配合のものを用いてみてはいかがでしょうか。

男性が薄毛になる原因とその対策法は?

男性が薄毛になる場合の原因として代表的な原因がAGAになります。このAGAというのは男性型脱毛症と呼ばれており、男性にだけ発生する症状になります。このAGAの症状は男性ホルモンの働きが必要以上に活発化した事で、男性ホルモンがジヒドロテストステロンという物質に変化してしまう事から始まります。そして、このジヒドロテストステロンが髪の毛を作る上で重要な役割を果たしている毛乳頭細胞と結合してしまう事で、髪の毛を作る細胞の細胞分裂が著しく妨げられる事になります。結果として、健康な髪の毛と比較すると細い細毛と呼ばれる髪の毛が増えてきて、この髪の毛がすぐに抜けてしまう事で抜け毛が増え、結果として薄毛が進行していきます。しかし、このAGAという症状の特徴としては男性ホルモンが原因となって発生する症状になるので、基本的には男性ホルモンが多く含まれている前頭部の額の横の部分が剃り込みのように薄毛になっていくm字ハゲという症状を引き起こすケースが多くなります。もしくは、まれに頭頂部からのハゲが発生するケースも考えられます。しかし、このような全体的に抜け毛が発生するというケースはAGAでは考えにくくなります。そのため、生活習慣やストレスなどを原因とした抜け毛を疑う事になります。抜け毛が全体的に発生した場合には生活習慣やストレスの存在を疑う事になります。特に食生活に偏りがある、夜遅くまで起きている、喫煙の習慣があるなどというのは抜け毛を引き起こす可能性が高い生活習慣になります。そして、これに加えて仕事などで過度なストレスを抱えている場合にも抜け毛の症状が起きる事とがあります。それがひどくなると円形脱毛症などという脱毛につながる事もなります。いずれにしてもこのような生活スタイル全般が問題になっている場合には、生活習慣を見直していく必要があります。まず、食生活の中にわかめなどの海藻類を積極的に取り入れるようにしましょう。このような海藻類は非常に髪の毛にいい影響があると言われています。また、大豆製品を食べるのも効果的です。大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするため、男性ホルモンの働きを抑える効果があります。AGAの予防にも効果があります。また、夜更かしをするなどの不規則な生活は抜け毛を増やし、ストレスのもとになる可能性もあります。なるべく、規則正しい生活を心がけましょう。そして、喫煙は髪の毛にとっては最悪と言っていいほど悪い影響を与えます。抜け毛を改善するなら、すぐにでも禁煙するようにしましょう。しかし、このような生活習慣の見直しを行っても効果が無かった場合にはまれなケースですが、頭頂部からのてっぺんハゲを引き起こすAGAと前頭部からのm字型ハゲを引き起こすAGAが同時に生じているという可能性もあります。このような場合には一刻も早く治療する事が必要です。このAGAは複合型であるため、普通のAGAよりも激しく薄毛の症状が進行していく可能性があります。この場合にも普通のAGAと同様に育毛剤を使って治療する事になります。しかし、このようなケースは特殊なケースになるので、一度育毛専門クリニックを受診して診断を仰ぐ事をお勧めします。ただ、このような場合であっても育毛剤が効果を発揮するのは変わりありません。基本的には育毛専門クリニックを受診して、ミノキシジルタブレットやフィナステリドを処方してもらう事になります。このような育毛効果の高い育毛剤を服用していれば程度にもよりますが、大体半年~1年程度でこのようなAGAの症状は改善する事になります。自分で生活習慣を改善するなどの試みを行って効果が無ければ一刻も早く育毛専門クリニックを受診するというのが良いでしょう。薄毛に一番効果を発揮するのは一般的には育毛剤を使用する事であると覚えておきましょう。

頭皮・毛髪にいい食事と、薄毛・抜け毛につながる避けたい食材まとめ

◆育毛のために摂取したい頭皮・毛髪にいい食材男性が薄毛症状に悩むとき、そのほとんどはAGAという男性ホルモンの活性化が原因となっています。AGAの症状を治療するためにはAGAクリニックと呼ばれる専門のクリニックを受診することがおすすめです。多少費用はかかりますが、自分自身で育毛剤を使って治療するよりも、治療にかかる期間は短くて済みます。また、副作用があるため、AGAクリニックのような医療機関を通してしか処方されない育毛剤というものも存在しています。これらの育毛剤は概して効果が高いものになるので、このような育毛剤を処方してもらう上でもAGAクリニックを受診するのが良いでしょう。ただ、AGAクリニックを受診する前に、自分自身で心がけたい育毛対策もあります。それが食事の改善になります。薄毛の症状が男性ホルモンの活性化に起因するものでなかった場合やAGAの症状が軽度だった場合には、このような食生活の改善だけでも十分効果を発揮する場合もあります。ちなみに、育毛を考えた場合に積極的に摂取したい食材としては大豆製品があります。大豆製品には大豆イソフラボンと呼ばれる栄養素が含まれています。この大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするとされています。結果的に男性ホルモンの働きの活性化を抑制することになり、AGAの症状を抑制することにもつながります。加えて、育毛を考えたときに摂取したい食材としては緑黄色野菜を挙げることもできます。緑黄色野菜については育毛には欠かすことのできないビタミンが豊富に含まれています。例えば、ビタミンBに関しては細胞分裂を促進する働きがあり、髪の毛の生成を助ける効果があります。ビタミンBについてはホウレンソウ、明日葉といった野菜に多く含まれています。また、ビタミンEは血行の流れを促進し、頭皮の環境を改善する効果があります。ビタミンEはブロッコリー、菜の花といった野菜に多く含まれています。また、ビタミンBもビタミンEもどちらも豊富に含んでいる食材としてはモロヘイヤという野菜の名前を挙げることができます。このモロヘイヤについては育毛のために食生活を改善するのであれば、ぜひ積極的に食卓に取り入れていきたい食材になります。最後に紹介したい頭皮・毛髪にいい食材はわかめになります。市販の育毛剤に含まれている成分には原材料として海藻が使われているものもあります。それだけでも、海藻類は育毛には非常に効果的な食材であるということができます。中でも育毛に効果があるのがわかめになります。わかめに関しては豊富なミネラル分が含まれており、このミネラルが髪の毛を作るときに必要な酵素の働きを助ける効果を持っています。このミネラルはたんぱく質と合わせて摂取することにより、さらに高い育毛効果を発揮します。豆腐とわかめの味噌汁といったような形で摂取するのがおすすめです。◆薄毛症状が進む可能性も!薄毛・抜け毛につながる避けたい食材さて、上記のような頭皮・毛髪にいい食材があるのに対して、薄毛・抜け毛につながる避けたい食材というものも存在しています。このような食材の代表例として動物性たんぱく質を含む食品を挙げることができます。たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質という2つのものが存在します。動物性たんぱく質というのは肉、魚、卵に含まれているようなたんぱく質になります。これに対して植物性たんぱく質というのは大豆、穀物、野菜に多く含まれているものになります。たんぱく質というのは体内でアミノ酸を生成するもとになります。アミノ酸は髪の毛を生成する原材料になるため、積極的に摂取するべき栄養素になります。しかし、植物性たんぱく質は積極的に摂取しても問題ないのに対して、動物性たんぱく質は取りすぎてしまうと血液がドロドロになり、結果的に血行が悪くなるという弊害があります。血行が悪くなると、結果的に髪の毛を作る細胞に十分な栄養素が供給されないということになります。したがって、たんぱく質に関しては植物性たんぱく質を中心に摂取するようにしましょう。

女性に多いびまん性脱毛症

薄毛というと男性に特有の悩みと考えられがちです。しかし、近年男性だけではなく、薄毛症状に悩む女性も増えてきています。このような薄毛症状に悩む女性は更年期の女性を中心にして、非常に多くなっています。女性の薄毛は男性の薄毛とは違って、部分が頭頂部や生え際といった特定部分が禿げあがってしまうという形ではなく、全体の髪の毛が少なくなるという形で症状が現れます。このような女性の薄毛症状は「びまん性脱毛症」と呼ばれています。女性の薄毛の治療法の考え方女性の薄毛治療の考え方は男性とは異なります。男性の薄毛症状を治療する場合には男性ホルモンの活発化を抑えるということが大切な要素になりました。そのような男性ホルモンを抑えるために強力な効果を持つ育毛剤を使う必要がありました。ただ、女性の場合は男性ほど薄毛の症状が激しいわけではないので、ホルモンバランスや生活習慣の改善によって対処していくことになります。女性の薄毛の3大原因女性の薄毛が発生する原因としては3つのものが挙げられています。・ホルモンバランスの乱れ・生活習慣の乱れ・ヘアケアによるダメージホルモンバランスの乱れ女性の体には女性ホルモンというものが分泌されています。女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンという2つのタイプのものがあります。これらの女性ホルモンの体内におけるバランスがおかしくなったり分泌量が減ることにより、女性の薄毛症状というのは発症します。代表的な例が妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れです。妊娠中は赤ちゃんを育てるために普通の時よりも女性ホルモンの分泌が活発化します。このような女性ホルモンの分泌が活発化すると髪の毛の成長が普段よりも促進されます。ただ、このような女性ホルモンの過剰分泌は出産により、普通の状態に戻ります。その結果、成長中だった髪の毛が一機に抜け落ちることになり、薄毛症状を発症することがあります。また、加齢によるホルモンバランスの乱れというのも女性の薄毛の原因になります。女性が年齢を重ねると、それに伴って女性ホルモンの分泌量は減少していきます。ちなみに、女性の体の中にも少量ですが男性ホルモンが存在しており、女性ホルモンの分泌が減少したことにより、このような男性ホルモンの働きが活発化して薄毛症状が引き起こされる場合があります。生活習慣の乱れ生活習慣の乱れが女性の薄毛の原因につながっている場合もあります。例えば夜型生活です。髪の毛の生成が活発になるのは22時~翌4時の間であると言われています。この時間に睡眠をとっていないことにより、髪の毛の生成がうまく進まなくなる可能性があります。また、食生活の乱れも女性の薄毛の原因に直結します。特に影響が大きいのがダイエットによる栄養不足になります。ダイエットで食事制限を行うと、さまざまな栄養素が不足します。特に髪の毛を作る際には欠かすことのできない亜鉛のような栄養素が不足してしまうと、いくら育毛剤などを使って対策を行っても、そもそも髪の毛を生成することができなくなってしまいます。ヘアケアによるダメージ女性の薄毛の場合にはヘアケアによって髪の毛がダメージを受けていることが原因になる場合があります。薄毛の症状に気づいたら、髪の毛に優しい自然素材のシャンプーなどの利用を考える必要があります。女性の薄毛治療法9選女性の薄毛治療法としては下記の9つの方法があります。・食生活にたんぱく質を取り入れる・食生活にビタミンBを取り入れる・食生活に亜鉛を取り入れる・頭皮マッサージをしてみる・ノンシリコンシャンプーを使ってみる・ストレスを解消する・女性用の育毛剤であるベルタ育毛剤を使用・びまん性脱毛症治療のための育毛剤であるパントガールを使用・専門クリニックを受診する食生活にたんぱく質を取り入れる女性の薄毛の解消には食生活の改善が大切になります。まず、取り入れたい栄養分がたんぱく質になります。たんぱく質については髪の毛の原材料となるアミノ酸を作るもとになります。たんぱく質を多く含む商品には納豆・豆腐といった大豆製品があります。★食生活にビタミンBを取り入れる●食生活に取り入れたい皮脂を抑えるビタミンB2積極的に食生活に取り入れたい栄養素にはビタミンBもあります。<strong>ビタミンBの中でも特にビタミンB2が育毛には効果的であるとされています。</strong>まず、ビタミンB2は過剰な皮脂の分泌を抑える効果があります。皮脂というのはトリグリセリドといわれる中性脂肪が中心に構成されている油のような物質になります。この皮脂というのは完全な悪者ということではなく、頭皮の保湿・殺菌・ほこりや外敵からの保護といった役割を果たしています。ただし、この皮脂が過剰に分泌されてしまうとさまざまな弊害が現れます。皮脂というのは放置すると皮脂を餌にして雑菌が繁殖しやすくなります。また、皮脂が原因で頭皮が炎症を起こす場合もあります。結果として、頭皮環境の悪化につながり薄毛が増える場合があります。したがって、皮脂の分泌を抑えるのは薄毛を改善するうえでは非常に大切になります。●食生活に取り入れたいたんぱく質の吸収を促すビタミンB6また、ビタミンB6も育毛を考えると外せない栄養素になります。<strong>ビタミンB6にはたんぱく質の吸収を促す効果があります。</strong>そもそもたんぱく質がしっかりと吸収されないと、髪の毛の原料となるアミノ酸が生成されず、結果的に髪の毛が生成できないということになりかねません。したがって、ビタミンB6を摂取することで摂取したたんぱく質がしっかりと体内に吸収されるようにすることが大切です。ビタミンB2が多く含まれている食材にはレバー・のり、ビタミンB6が多く含まれている食材にはにんにく・マグロといった食材があります。●髪の毛の成分は必須アミノ酸のメチオニンが90%<strong>食生活に取り入れるべき栄養素としては亜鉛の名を挙げることもできます。</strong>亜鉛という栄養素は髪の毛を作る際に重要な役割を果たします。髪の毛というのはケラチンと呼ばれる成分で90%以上が構成されています。このケラチンという成分を生成する際に必要になってくるのが、アミノ酸の中でも体内で生成することができず食事で取り入れるしかないと言われている必須アミノ酸のメチオニンになります。●食生活取り入れたいケラチンを生成する亜鉛だた、このメチオニンという物質が存在すれば髪の毛が生成されるというわけではありません。<strong>メチオニンという物質からケラチンが生成される際には亜鉛が必要になってきます。</strong>この亜鉛がケラチンを合成する役割を担っています。逆に言うと、亜鉛が体内に全くない状態であれば、いくらメチオニンが豊富に存在したとしてもケラチンを生成することができません。したがって、髪の毛の生成を考える上では亜鉛は必須の栄養素になります。亜鉛については牛肉・豚肉といったような肉類や魚介類に多く含まれています。★頭皮マッサージをしてみる髪の毛の生成を促進するうえでは頭皮の血行というものが大切になります。その点で、頭皮マッサージというのは頭皮の血行促進に効果があることが分かっています。体内を循環する血液というのは栄養素を体の各器官に届ける役割を担っています。この血液は当然頭皮にも供給されており、頭皮に供給された血液から栄養素が毛乳頭細胞と呼ばれる細胞に供給されることになります。ちなみに、髪の毛をつくる役割というのは毛母細胞という細胞が担当しています。この毛母細胞に栄養を受け渡すのが毛乳頭細胞の働きになります。頭皮の血行が悪化すると、この毛乳頭細胞への栄養の供給がうまくいかなくなります。結果的に毛母細胞にも十分な栄養素が届かないことになり、髪の毛の生成が進まないことになります。つまり、頭皮の血行が悪いと育毛が促進されないということになります。しがたって、育毛を考えるのであれば、頭皮をマッサージして血行を良くするというのは大切になってきます。ノンシリコンシャンプーを使ってみる頭皮がダメージを受けていると薄毛症状につながる場合があります。したがって、薄毛の症状が進んできた場合には頭皮にダメージを与えることが無いノンシリコンシャンプーというシャンプーを使うのも良いでしょう。ノンシリコンシャンプーは洗浄力が抑えてあるため、頭皮の皮脂を削り取ってしまうということがなくなります。★ストレスを解消するストレスで引き起こされる血行障害・睡眠障害・栄養不足ストレスも薄毛症状を引き起こす原因につながります。実はストレスを感じると体全体にもその不調の影響が及びます。まず、体内の血の巡りが悪くなり血行が悪化します。そして、「心配事があって眠れない」という話が巷でよく聞かれるように、ストレスというのは睡眠を妨げる要因にもつながってしまいます。また、血行障害に伴い体内での栄養供給がうまくいかなくなり、栄養が不足するようになります。髪の毛の成長の天敵!睡眠不足の弊害とは?このうち、血行の悪化と栄養の不足については前の項目で解説しました。ちなみに、ストレスに伴う睡眠不足の症状が薄毛につながる理由は髪の毛は眠っている間に成長するためです。「寝る子は育つ」ということわざがあるように、体が成長するのは夜眠っているときになります。具体的に言うと、夜22時~翌2時までの間が睡眠のゴールデンタイムといわれており、成長が一番進む時間帯であると言われています。この夜22時~翌2時という時間帯は人間の体の成長をつかさどる成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯であると言われています。この成長というのは髪の毛も例外ではありません。この時間帯に髪の毛も成長ホルモンの影響を受けて、どんどん伸びていくことになります。ただ、ストレスによってこの睡眠のゴールデンタイムの時間帯に寝付けないようだと、髪の毛の成長はなかなか円滑には進みません。したがって、ストレスを解消することは育毛にとっては非常に大切なことになります。ストレス解消には運動がおすすめちなみに、ストレスを解消する方法は人それぞれだと思いますが、おすすめのストレス解消法は運動をすることです。運動をすることはストレス解消に加えて、体そのものを育毛に向いた状態にする効果があります。例えば、運動不足の人は代謝が悪くなり、脂肪が体につきやすくなります。この脂肪は体内の血行を悪化させることにつながります。したがって、運動などを通して脂肪を燃焼させることが大切になります。また、運動後には成長ホルモンの分泌も活発化することが分かっています。女性用の育毛剤であるベルタ育毛剤を使用男性用の育毛剤については男性ホルモンを抑える効果をことに力を入れているものが多くなっています。これに対して女性用の育毛剤は男性ホルモンを抑えることよりも、頭皮環境を整えることに力を入れています。このような女性用育毛剤の代表として挙げられるのがベルタ育毛剤になります。ベルタ育毛剤は頭皮ケアに良い成分56種類を配合した天然成分99.6パーセントの育毛剤になっています。ベルタ育毛剤¥ 6,300(2016/11/19時点) 購入する女性には良いかと使い始めて抜け毛が減った気がします。それと後頭部がペタンとなるのが悩みでしたがフワッと立ち上がってくれるようになりました^_^リピートしたいと思います。出典: https://www.amazon.co.jpびまん性脱毛症治療のための育毛剤であるパントガールを使用びまん性脱毛症治療のための育毛剤として知られているものにパントガールがあります。パントガールについては育毛のために必要な栄養分を補給することに重点を置いている育毛剤になります。このパントガールには育毛に必要なビタミン・ケラチン・L-シスチン、パントテン酸カルシウムがバランス良く配合されています。専門クリニックを受診する薄毛治療を専門で行うクリニックはAGAクリニックと呼ばれています。ひと昔前まではAGAクリニックでの治療は男性の薄毛専門でした。しかし、近年女性の薄毛治療のニーズが激増していることもあり、AGAクリニックでも女性の薄毛治療を行うところが増えてきています。このようなAGAクリニックの代表としてルネッサンスクリニックを挙げることができます。女性の薄毛治療は専門機関の受診がおすすめ!女性の薄毛の対策は自分自身でも行うことができるものがたくさんあります。ただ、一刻も早く症状を改善したいと思うなら、女性の薄毛治療を行っているクリニックを受診してみるのが良いでしょう。

薄毛になったら、AGAクリニックへ

■ハゲを抑えるための最善策はAGAクリニックの受診です。男性も30代になってくるとハゲに悩まされる人が増えてきます。ハゲが発生するピークは大体30代から40代であると言われています。このようなハゲを抑えるための最善の対策について以後の文章では述べていきます。■ハゲの原因は2つのパターンがあります。男性がハゲになる場合には大きく分けて2つのパターンがあります。1つ目のパターンは栄養の偏り、生活習慣の乱れ、睡眠不足などにより一時的に頭皮環境や栄養状況が悪化したことによって発生するパターンです。もう1つのパターンはAGAという症状によりハゲが進んでいる場合です。この2つのパターンのどちらが原因でハゲているかにより、ハゲを抑える方法も変わってきます。■ハゲの対策の最善策とはまずは栄養や生活習慣の乱れによりハゲが発生している場合です。このパターンで薄毛が発生している場合には単純に生活習慣を改善することで対策を行うことが可能になります。例えば食生活を改善したり、生活リズムを規則正しいものに変えることで十分ハゲを抑えることが可能になります。一方、ハゲの原因がAGAによるものである場合です。この場合は少し厄介です。なぜなら生活習慣や食生活の改善で頭皮環境を整えて、自然な育毛を目指すのでは間に合いません。この場合には育毛剤を使っての治療を考えていく必要があります。■ハゲを抑えるためにはまずAGAクリニックの受診をまず、上記のうちどちらのパターンで自分はハゲてきているのかということを把握することがハゲを抑えるための第一歩になります。しかし、なかなかハゲの原因がどちらであるかを自分で把握するというのは困難です。そこで、まずハゲに悩んだときにはAGAクリニックを受診してみることをおすすめします。AGAクリニックでは初回の診断については無料で行っているところが多く見られます。このようなAGAクリニックの無料カウンセリングをまずは受診してみることにしましょう。その結果、AGAでないという診断が出た場合は自分で生活習慣に気を付けたり、髪にいいと言われる食材を積極的に摂取するように意識するだけでハゲを抑えることは可能になります。しかし、AGAが原因のハゲだった場合、専門的な育毛剤治療が必要になります。この場合でもAGAクリニックを受診していれば市販の育毛剤よりもはるかに優れた育毛剤を処方してもらうことが出来ます。結局のところ、その効果を考えると、最初にAGAクリニックを受診してしまった方が最終的にハゲを抑えるための費用的、時間的コストは安くつくことになると考えられます。

僕の薄毛対策を時系列で紹介します

薄毛の症状に関して、最初はストレスなどが原因になっているのかもしれないと思い、生活習慣の改善などを行うことで対応していこうと考えました。しかし、残念ながらこのような生活習慣の改善のような方法では薄毛症状はおさまることがありませんでした。これではらちがあかないと感じ、初めて育毛用の商品を購入することにしました。まず、最初に試したのは育毛用シャンプーでした。「どんどん進行した薄毛」会社の同僚の指摘によって、自分が薄毛になっているということは何となく気づいていました。しかし、薄毛になっているという事実を認めることについてはプライドが許さず、このような薄毛症状を放置しているうちに前髪の後退はどんどん進んでいくようになりました。最初に薄毛の事実に気づいてから、3か月もすると会う人会う人から「髪の毛、薄くなってない?」とからかわれるようになりました。さすがにこれはまずすぎると感じ、初めて育毛用の商品を試してみることにしました。休日に近くのドラッグストアの育毛剤関係のコーナーに行ってみると、それこそところ狭しといった形でかなりの数の育毛関係の製品が並んでいました。育毛に悩んでいる男性はたくさんいるんだなとしみじみ感じました。その膨大な製品の山の中を分け入っていろいろと気になる製品をチェックしてみることにしました。しかし、さすがに育毛剤は値段が張るものばかりでした。「さすがにこの出費は痛いな」と感じていたところ、育毛剤よりは安価な価格で売られている育毛用シャンプーに目が留まりました。まずは、この育毛用シャンプーから試してみることにしました。「薄毛にためした改善策」自分が使い始めた育毛用シャンプーはスカルプDというものでした。このスカルプDを選んだ理由に関しては特にこの成分が気に入ったというポイントがあるわけではなく、純粋にテレビコマーシャルで目にする機会が多く、唯一自分が知っていた育毛用シャンプーであったということです。この育毛用シャンプーを朝と夜に使うようになりました。それまで、夜に1回シャンプーをするだけでしたが、育毛用シャンプーというだけあって、頻繁に使ってやった方が髪が生えるかと思い、朝シャンの習慣も生活に取り入れるようにしました。育毛用シャンプーは普通のシャンプーとは違って、髪の毛を洗っている時にスーッとする刺激感があったので、勝手に髪の毛に成分が浸透していると感じていました。この刺激を感じる度に使えば使うほど髪の毛が生えてくるような感覚に浸っていました。「実際の効果」ただ、現実はそんなに甘くありませんでした。育毛用シャンプーを使い始めて1か月、まったく髪の毛が生えてくる気配がありません。ただ、1か月では効果が出ないかと思って、3か月弱継続してみましたが、まったく髪の毛が生えてくるどころかさらに薄毛の症状は進行してしまいました。どうやら、お金をけちらずに最初から育毛剤を購入した方がよかったかなと後悔しました。「まとめ」そもそも髪の毛が生えてこなかったのが自分の育毛用シャンプーに対しての理解が誤っていたのが原因になります。育毛用シャンプーというのは育毛剤とは違って髪の毛の育毛を促進するというのがメインの目的にはなっていません。どちらかというと頭皮の環境を整えたり、髪の毛の育毛に必要な栄養分を髪の毛にしっかり提供するというのがこの育毛用シャンプーの役割になっています。したがって、育毛を考えるうえではメインに育毛用シャンプーを据えるという判断は間違っていました。育毛を試みるのであれば、育毛剤を使うしかないというのが、今になってわかる教訓になります。

育毛には漢方が有効!育毛のための漢方知識

現在の医療は西洋医学の考え方が中心になっています。したがって、育毛治療も西洋医学の考え方が支配的になっています。ただ、古来から中国を中心として発展してきた漢方薬の考え方においても薄毛を治療するためのアプローチというのがすでに確立されています。今回の記事では普段あまり触れることの無い漢方の知識を紹介していきたいと思います。<育毛に漢方を使うメリットって?>まず、押さえておきたいのは漢方薬には即効性は無いということです。したがって、今すぐにでも薄毛症状を改善したいという人にとっては漢方薬の気長に体質改善を働きかけていくというアプローチは悠長すぎて我慢が出来ないものになるかもしれません。ただ、巷の育毛剤に配合されている育毛成分の多くに頭皮トラブルや血圧の低下といった副作用の発生が報告されています。このような副作用の心配は漢方薬にはほとんどありません。したがって、安心して育毛治療に用いることが出来るというのが漢方を育毛に用いる大きなメリットになっています。さらに、漢方薬には薄毛症状をピンポイントで治療するのではなく、体全体のバランスを整えて、健康を増進する形で薄毛治療にアプローチすることが出来ます。したがって、薄毛の改善だけでなく、体全体の健康を取り戻す効果も期待できるというのが漢方薬のメリットになっています。<漢方における薄毛の原因別の3つのタイプ>では、具体的に漢方の世界ではどのように育毛の治療を進めていくかについて述べていきます。漢方の世界では薄毛症状と一言で言っても人によって何が原因で薄毛症状が発生しているかは違うという認識のもとに立っています。西洋医学であれば、男性の場合の薄毛症状の原因はほとんどAGAであると診断され、AGAに効果のある育毛剤の投薬治療が行われる形になります。ただ、漢方の世界は違います。漢方の世界では薄毛症状に悩む人は血虚タイプ・気虚タイプ・腎虚タイプという3つのタイプに分けて、それぞれのタイプに応じたアプローチをとることにしています。〔血虚タイプ〕血虚タイプというのは「血」という漢字が入っていることからも分かるように、体内に血液が不足している体質のことを言います。この体内に血液が不足ていることが原因で薄毛症状が発生していると考えます。もしくは血液は十分に体内に存在していても、その血液の質が低下しているために問題が発生している場合もあります。この血虚タイプは西洋医学の考え方でも理解しやすいと思います。西洋医学でも薄毛の原因としては体内の血行が悪化して、頭皮に血液が十分に供給されなくなったことが薄毛の大きな原因の一つであるという理解がされています。この血虚タイプでは髪の毛に潤いが無く、抜けやすいという状態が生じます。〔気虚タイプ〕気虚タイプというのはその文字の通り「気」というものが体内から失われている状態のことを指しています。気が失われていると表現すると非常に抽象的になりますが、結論から言うとストレスが溜まっている状態のことを漢方の世界では気が失われていると表現していると考えることが一番しっくりいく考え方になります。西洋医学の考え方でも、ストレスが体にたまってしまうことが薄毛症状を引き起こす原因になるということは明らかになっています。具体的にはストレスが溜まってしまうことにより、体全体が緊張状態に置かれてしまい、その結果として体内を走る血管が収縮することになります。この血管の収縮によって頭皮の血行が悪化して髪の毛を作る細胞に必要な栄養分が届かなくなるというのが気虚の状態になります。〔腎虚タイプ〕漢方の世界には腎という概念があります。この腎というのは簡単にいうと生命力のことを指しています。腎というエネルギーが充実していることで、人間の体は成長したり、性行為・妊娠・出産という生殖に関わる機能が高まることになります。この腎の働きが弱まると、女性の場合は不妊症状に陥ったり、男性の場合は精力が減退するという結果につながります。この腎虚というのはつまるところは老化のことを指しています。<タイプ別おすすめ漢方薬>〔血虚タイプなら〕血虚タイプの人に効果がある漢方薬としては2つのものの名前を挙げることが出来ます。それが当帰と鹿茸というものになります。この当帰という薬物はセロリに似た香りを持つ植物になります。漢方の世界においては補血薬というものに分類されており、血液を補う効果があるとされています。当帰の効果によって体内の血の巡りが良くなり、体を温めてくれる効果を期待することが出来ます。このような当帰が含まれている漢方薬として代表的なものは婦宝当帰膠というものがあります。婦宝当帰膠についてはその成分の7パーセントを当帰が占めており、補血のための漢方薬といってもいいような成分構成になっています。また、血液の循環を改善する効果があることも分かっています。また、鹿茸という薬物は鹿の角を乾燥させた漢方薬になります。冷え切った体を温める効果がある漢方薬として知られています。この鹿茸も体を温めて血行を改善する効果を持っています。この鹿茸を配合した漢方薬としては参茸補血丸の名前を挙げることが出来ます。この参茸補血丸については鹿茸だけでなく、人参も同様に配合されています。これによりさらに体を温める効果が向上しています。〔気虚タイプなら〕気虚の人であれば積極的に摂取するべき漢方薬は人参、竜骨、牡蛎になります。人参については朝鮮人参などの名前で栄養ドリンクなどには定番のように含まれている成分になります。体に活力を取り戻す効果があります。竜骨は恐竜や古代のマンモスなどの化石になります。この竜骨と牡蠣を合わせて使うことにより、精神を安定させる鎮静効果が得られるとされています。ここで紹介した3つの成分を含んでいる漢方薬としては柴胡加竜骨牡蛎湯の名前を挙げることが出来ます。柴胡加竜骨牡蛎湯については漢方の世界において精神安定剤として用いられる薬になっています。〔腎虚タイプなら〕腎虚の人が積極的に摂取すべき漢方成分としては地黄の名前を挙げることが出来ます。地黄というのはゴマノハグサ科の植物の一種となっています。この地黄に関しては優れた抗酸化作用を持っていることが分かっています。この地黄の抗酸化作用によって、毛母細胞といった髪の毛を作る細胞が老化することを防ぐことが出来ます。おすすめの漢方薬としては八味地黄丸の名前を挙げることが出来ます。八味地黄丸については老化に伴って生じる症状を防ぐ効果があるとされています。 <漢方の考え方を取り入れたおすすめ育毛剤であるブブカ>さて、上記で説明してきた漢方についてですが、実は普段使っている育毛剤にも漢方の考え方をベースにして配合されている成分がいくつもあります。そのような育毛成分の例としてはセンブリエキス、ニンジンエキス、ジオウエキスといったようなものがあります。こういった育毛剤の例としてはブブカの名前を挙げることが出来ます。ブブカにはこれらの漢方由来成分がすべて含まれています。上記の文章では育毛に取り入れるべき漢方の考えた方について述べてきました。漢方の世界に興味がある人は上記で紹介したような漢方薬を試してみるのも良いでしょう。そうでなくても普段使用する育毛剤自体にも漢方の成分は配合されています。したがって、日々育毛剤をつかうことでも漢方の効果は十分に得ることが出来るでしょう。

科学的アプローチでAGAを改善する銀座総合美容クリニック

AGAクリニックは現在かなり数が増えてきており、患者の側でさまざまなクリニックを選択できる状況にあります。AGAクリニックでの治療の基本は育毛剤の投薬治療になりますが、それ以外の部分でもさまざまな特徴を出してきているAGAクリニックも存在します。今回の記事では科学的アプローチでAGAを治療する銀座総合美容クリニックについて紹介します。<銀座総合美容クリニックの特徴>銀座総合美容クリニックの治療の特徴は経験に基づいて行われるAGA治療ではなく、科学的な根拠に基づいたアプローチでしっかりとAGAによる薄毛症状の改善をめざしていくということです。また、銀座総合美容クリニックでは治療の内容を充実させるのはもちろんのこと、それに加えてクリニック内の環境を整えたり、無料カウンセリングの仕組みを整えることにより、AGAの薄毛症状に悩む人が安心して来院できるような環境も整えています。〔科学的アプローチでAGA治療を行っていく〕まず、銀座総合美容クリニックの特徴しては何といっても科学的アプローチに基づいたAGA治療になります。具体的な内容は後述しますが、きちんとAGA治療によってどれだけの効果が出たのかということを定量的に測ることが出来る仕組みを設けているという特徴があります。〔個室制で落ち着いた環境で治療を受けることが出来る〕AGAという症状については大変デリケートな問題になります。したがって、人によってはこっそりと医師に相談したいという場合もあると思います。ただ、AGAクリニックによっては患者個人のプライバシーを守れる環境になく、周りの人を気にして医師に聞きたいことをすべて聞けないというケースもあります。銀座総合美容クリニックでは診察の際は完全に個室で行うようにしているので、そのような問題が発生することはありません。また、個室制でなければ、周囲の状況に気を取られて集中して治療に望めない場合もありますが、銀座総合美容クリニックは個室制で落ち着いた環境を整えているので、そういった面でも治療に集中できる配慮がされています。〔無料カウンセリング・有料カウンセリングでしっかりとAGAの状況を確認してもらえる〕銀座総合美容クリニックについてはカウンセリングの内容が充実していることでも知られています。AGAクリニックを選ぶ際、多くの人が最初に無料体験というものを受けると思います。この無料体験の中にはほとんどの場合カウンセリングが含まれています。したがって、このカウンセリングの内容がいいかどうかというがその後のAGA治療をそのクリニックで行っていくかどうかを判断する重要な基準になります。銀座総合美容クリニックが人気を集めているのはこのカウンセリングの内容が充実していることも大きな要因になっています。銀座総合美容クリニックのカウンセリングでは無料カウンセリングと有料カウンセリングの2つが行われています。無料カウンセリングについては現在の患者の状況をヒアリングして、マイクロスコープで頭皮の状況を検証するという作業を行います。その過程でAGAの症状や原因についての詳しい説明を受けることが出来ます。また、治療を検討している場合は具体的な治療プランや考えておくべき予算の金額についても確認することが出来ます。さらにもっと詳しく話を聞きたい場合には専門医と有料カウンセリングを行うこともできます。こちらについては3,000円(税抜)の金額になりますが、AGA治療のプロフェッショナルからのカウンセリングを受けることが出来るので、自分自身の状況や今後薄毛症状を改善していくためにはどうすればいいのかということをしっかりと把握することが出来ます。<銀座総合美容クリニックの科学的アプローチの具体例>さて、前述したように銀座総合美容クリニックの大きな魅力がAGA治療において科学的なアプローチを取り入れているということです。ここからは銀座総合美容クリニックで取り入れられている科学的なアプローチについて見ていきたいと思います。まず、紹介したいのはAGA遺伝子検査とメディカルボールドスケール法になります。〔AGA遺伝子検査の実施〕AGAによる薄毛症状を発症するかどうかは遺伝もかなり関係してくるというのはAGAについて調べたことがある人なら知っている事実だと思います。銀座総合美容クリニックではAGA発症のリスクを確認するためにAGA遺伝子検査を実施しています。このAGA遺伝子検査によって2つのことが正確に診断できるようになります。まず、1つ目は現在発生している薄毛症状がAGAによるものなのかどうかということです。AGAという男性特有の薄毛症状は男性ホルモンの活性化によって引き起こされます。ただ、薄毛症状を発症していればかならずAGAというわけではなく、人によっては栄養バランスや生活習慣がかなり乱れているために薄毛が発生しているというケースもあります。このようなことが原因で薄毛症状を発症している場合であれば、AGA治療薬を用いる必要はありません。食生活のバランスを整えたり、十分な睡眠をとってやるようにすること、もしくは育毛サプリメントでの栄養補給や育毛シャンプーで頭皮環境を整えるだけでも十分に育毛効果が期待できます。〔メディカルボールドスケール法を導入〕メディカルボールドスケール法というのはAGA治療の効果を定量的に把握するために銀座総合美容クリニックで用いられている方法になります。このメディカルボールドスケール法という方法を使って毛量がどれくらい増加したかを定量的に測定して提示することを行っています。これにより薄毛治療の効果が感覚ではなく、数値として把握できるので、患者の治療への意欲を高める効果も期待できます。なお、最近ではこのメディカルボールドスケール法という方法に3Dプリンターの利用も加えて、スカルプスカルプチャーという手法もテスト実施していると言われます。このような育毛効果が出ているかどうかを数値で明らかにすることはクリニックの育毛治療の実力を問われることになります。したがって、このメディカルボールドスケール法という方法を導入していること自体が銀座総合美容クリニックのAGA治療への自信を表しているといっても良いでしょう。育毛効果をしっかりと実感したいなら、銀座総合美容クリニックでの治療をおすすめします。<銀座総合美容クリニックにおけるAGA治療の三本柱>銀座総合美容クリニックで行っているAGA治療については三本柱からなっています。それがノーニードルメソセラピー、オーダーメード処方の投薬治療、ケトコナゾールシャンプーを使った頭皮ケアになります。〔ノーニードルメソセラピー〕まず、ノーニードルメソセラピーについてです。このノーニードルメソセラピーについてはその名の通り、針を使わない育毛メソセラピーになります。育毛メソセラピーというのは注射という形で頭皮に育毛成分を注入して薄毛症状の改善をはかるというものになっています。しかし、銀座総合美容クリニックで行われている育毛メソセラピーにおいてはこの注射という作業が必要ありません。銀座総合美容クリニックにおいては電気穿孔法と呼ばれる方法を取り入れることによって注射が不要な育毛メソセラピーを実現しています。この電気穿孔法はまたの名をエレクトロポレーションとも言われています。この電気穿孔法というのはその名の通り電気を使って毛穴を広げるという治療法になります。この広がった毛穴に育毛成分を流し込んでやることにより、注射をしなくても育毛成分を頭皮の奥まで浸透させることが出来ます。これにより注射の痛みが無く育毛メソセラピーを行うことが可能になりました。〔オーダーメード処方の投薬治療〕銀座総合美容クリニックの育毛治療においてもその基本はプロペシアとミノキシジルの組み合わせによる投薬治療になります。プロペシアの男性ホルモン抑制効果と併せて、血行促進効果のあるミノキシジルをあわせて併用することでより高い育毛効果を実現することが可能になっています。〔ケトコナゾールシャンプーを使った頭皮ケア〕基本的に育毛シャンプーには頭皮環境を改善する効果しかなく、育毛に役に立たないというのが定説であり、この意見は市販の育毛シャンプーにはほぼ当てはまる意見になります。ただ、この銀座総合美容クリニックで処方されるケトコナゾールシャンプーは違います。シャンプーでありながら、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑える効果を持っており、AGAの治療効果も期待できるというすばらしい育毛シャンプーになっています。またこれにくわえて優れた抗菌作用も持っているので頭皮にて雑菌が繁殖して炎症を引き起こすといった事態を防ぐことも可能になります。皮脂が多くて脂漏性皮膚炎などの症状に苦しんでいる人にとっては非常に高い効果を発揮することが期待される育毛剤になってきます。<それ以外の銀座総合美容クリニックの治療法>さて、銀座総合美容クリニックにおけるAGA治療の三本柱については先ほど説明してきましたが、これ以外にも銀座総合美容クリニックではさまざまな特徴的な治療法が取り入れられています。そのような治療法をいくつか見ていきたいと思います。〔スーパーヘアグロウスタンプ〕スーパーヘアグロウスタンプというのは眉毛のあたりに2か所麻酔を打ったの地にフィナステリドやミノキシジルといった育毛成分を注射していくというものになります。頭皮に注射するという点で従来の育毛メソセラピーと同じようなものになります。このスーパーグロウスタンプを上記で紹介したノーニードルメソセラピーと組み合わせることによってより高い育毛効果が期待されると言われています。〔オゾンスチーマー〕オゾンスチーマーという治療法も銀座総合美容クリニックでは導入されています。このオゾンスチーマーを利用することにより、頭皮を柔らかくして毛穴の奥にたまった老廃物などを取り除くことが出来るため、頭皮環境の改善に非常に大きな効果を示します。また、それに加えてスチームの力で血管を広げることが出来、頭皮の血行を促進効果を期待することもできます。これに加えてスチームとオゾンの相乗効果で人によっては大変リラックスした気持ちを感じることができ、体にたまったストレスを解消する効果も期待できます。〔メディカルヘッドスパ〕ヘッドスパというのは頭皮のマッサージを中心にした施術で美容院などでもサービスとして受けることが出来ます。ただ、銀座総合美容クリニックのメディカルヘッドスパの特徴はこのマッサージという趣が強いヘッドスパをきちんとAGA治療に役立つ医療のレベルまで高めて施術するという点になります。このメディカルヘッドスパにおいては漢方・ハーブといったような頭皮環境の改善に適した成分を利用することによって、さらに育毛効果や頭皮改善効果を高めています。また、このヘッドスパの施術を行うための専属美容師を雇用しており、マッサージ技術にも期待できるものになっています。このメディカルヘッドスパを行うことにより頭皮周辺の血行を改善して育毛効果につなげていくことが期待できるようになります。また、この際に銀座総合美容クリニックの専属美容師からヘアケアについてのアドバイスを受けることもできます。正しい洗髪のやり方からスタートして、どのような整髪料を用いるのが良いのか、髪を傷めないように染色するためにはどうすればよいのかといったさまざまな疑問に答えてもらうこともできます。〔発毛促進点滴〕銀座総合美容クリニックでは育毛に効果ある成分を点滴するという治療法も行っています。この発毛促進点滴についてはアンチエイジング効果も期待されるという点滴になります。この発毛促進点滴を行うことで毛母細胞のような髪の毛をつくる細胞の老化を防ぐ効果が期待されることになります。今回の記事では人気のAGAクリニックである銀座総合美容クリニックについて述べてきました。この銀座総合美容クリニックではその治療効果を科学的に評価できる仕組みを導入しているというのが大きな特徴になります。自分の薄毛症状の改善を数値として把握できるので、治療の励みにもなります。また、ノーニードルメソセラピーといった最先端の治療法を導入しているのもこの銀座総合美容クリニックの魅力になります。

育毛専門クリニックの治療効果が出るまでの期間は?

育毛専門クリニックでの発毛治療を開始して、実際に発毛効果を実感できるようになるまでの期間はどのくらいなのでしょうか?この発毛効果を実家するまでの期間ですが、一般的には半年を経過する頃には9割くらいの人は何かしらの形で発毛効果を実感するといわれています。たまに、育毛専門クリニックを受診すると1、2週間くらいで劇的な効果を実感するはずだと勘違いしている人もいますが、1、2週間で効果が出るほど簡単に育毛の治療は進みません。むしろ、1、2週間の段階においては今までよりも抜け毛の量が増えるという症状が発生している可能性があります。この1、2週間の段階で急激に髪が抜けるという現象は育毛の世界ではよく知られている現象で「初期脱毛」と言われています。ミノキシジルなどの育毛効果が評価されている育毛剤を使用した場合にこの初期脱毛の症状が現れます。この初期脱毛は育毛を進めるためには必ず通る必要がある道です。この初期脱毛の過程において、不健康な状態で育ってしまい、十分な太さや長さを持つことが出来なかった髪の毛が一気に抜けていきます。この不健康な髪の毛が抜けることでその髪の毛が抜けた後には新たに健康でしっかりとした太さや長さを持った髪の毛が生えてくることになります。そのため、この初期脱毛というプロセスは必ず発毛においては経験する出来事になります。ただ、この半年以内で9割くらいの人が発毛効果を実感できるというのはあくまでも正しい効果のある育毛剤をきちんとした用法で用いた場合の話に限られます。自分には効果の無い育毛剤を使って治療を行っていた場合、1年たっても2年たっても、全く発毛効果が見られない、むしろ薄毛が進行してしまったなどという事例はよく見られる事例になります。なぜなら、男性の薄毛の原因の約90パーセントが男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる症状に起因しており、市販の育毛剤にはこのAGAによる薄毛を抑える成分が含まれていないためです。このAGAは男性ホルモンが過剰に働くようになり、それによって髪を生成する細胞の働きが阻害されることにより発生します。このAGAによる薄毛を解決するためにはこの過剰に働くようになった男性ホルモンの働きを抑えてやる必要があります。しかし、この男性ホルモンを抑える効果のある育毛成分は市販の育毛剤には含まれていません。結果として市販の育毛剤を使っても半年以内に効果が出ないというケースはたくさんあります。確実に半年以内に発毛効果を得たいのであれば、一度育毛専門クリニックを受診して発毛治療を受けてみるのが良いでしょう。

育毛専門クリニックへ行ってみよう

育毛専門クリニックでも処方される育毛剤にもふくまれている育毛成分であり、非常に育毛効果が高いとされている育毛成分の一つにミノキシジルというものがあります。このミノキシジルはもともと高血圧患者のための血圧を下げる薬であったのですが、投与された患者に体毛が濃くなるという副作用が現れたため、育毛剤として転用されたものになります。ミノキシジルが含まれている市販の育毛剤の代表例としては大正製薬から発売されている「リアップ」というものがあります。このリアップについてはテレビCMなども行われており、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。日本で使われている市販の育毛剤でミノキシジルが含まれている育毛剤はこのリアップのみになります。ただ、日本以外の国でもミノキシジルが含まれている育毛剤もあります。それがコンタクトレンズなどで有名なアメリカのジョンソンエンドジョンソン社が開発している「ロゲイン」という育毛剤になります。このロゲインに関しては基本的にミノキシジルの働きで薄毛を改善していくという点ではリアップと変わりませんが、配合されているミノキシジルの量がリアップよりも相対的に多いということが特徴になります。理論的にはミノキシジルの配合量が多いロゲインの方がより効果的であるということもできます。そのため、このロゲインを輸入して使っているというケースも多く見られます。では、これらの市販されているミノキシジル配合の育毛剤と育毛専門クリニックで処方されるミノキシジル配合の育毛剤はどう違うのでしょうか。実はこのリアップもロゲインもミノキシジルを配合した液体タイプの育毛剤となっており、リキッドタイプの育毛剤と呼ばれています。しかし、育毛クリニックではこのリキッドタイプもさることながら、タブレットタイプ、いわゆる錠剤のタイプでのミノキシジルも処方することができます。そして、実際に育毛効果についてはこのタブレットタイプのものの方が優れていると言われています。そのため、市販のミノキシジル配合の育毛剤でも効果が出ないという場合には育毛専門クリニックでミノキシジルタブレットを処方してもらうのが育毛への最短の道であるという可能性も否めません。ただ、ミノキシジルについては副作用も報告されています。そして、このミノキシジルの副作用についてはリキッドタイプより、タブレットタイプの方が重くなるケースがほとんどです。そのため、ミノキシジルタブレットについては効果も高い分、副作用の可能性も高い、いわば諸刃の剣であるという認識をもって使うようにするのがよいでしょう。